フィジェットスピナーゲームのカテゴリーには、一つのおもちゃに特化したゲームが含まれています。しかし、このおもちゃは世界中で人気があり、数年で伝説になってしまいました。

フィジェットスピナーとは何ですか?

スピナーやフィジェットスピナーは、手や指で回すことができるスピナー型のおもちゃです。このおもちゃのポイントは、デバイスを手に持って、指でひねることです。

フィジェットスピナーの秘密は、スピナーの中心に金属やセラミックのベアリングがあり、その周りにいくつかのブレードやウィングが配置されていることです。この構造のおかげで、スピナーは非常に速いスピードで回転することができます。このスピードは、プレイヤーの技術に依存します。

フィジェットスピナーは、金属やプラスチック、銅やチタンなどで作られています。フィジェットスピナーは、金属やプラスチック、銅やチタンなどで作られていますが、その材質によって回転速度が異なります。スピナーが世界中で人気になってからは、非常に高価なデザイナーズスピナーも登場しました。

スピナーとフィジェットスピナーゲームの長所と短所

スピナーの全盛期には、医師の間でもスピナーの有用性について曖昧な意見が多かったようです。鎮静剤よりもスピナーの方がよく効くのではないかと考える科学者もいた。しかし、スピナーは人の注意をそらす不必要で無用なものだと考える科学者もいました。

フィジェットスピナーゲームについても同じことが言えます。フィジェットスピナーゲームは注意力や器用さを養うのに役立つと考える人がいる一方で、プレイヤーにとって何の役にも立たない活動だと考える人もいます。

スピナーの原型の1つは、子供向けのおもちゃとして有名な「whirligig」であり、これは優れた教育的対象であると考えられているため、スピナーもこのカテゴリーに属することになります。

フィジェットスピナーはフィジェットスピナーゲームの主役である

スピナーは新しい発明ではありません。フィジェットスピナーには、よく知られているスピナーなど、同じ原理で動く多くの試作品があります。

スピナーの作者は、化学エンジニアのKatherine HettingerとScott McCoskeriと呼ばれていましたが、このおもちゃの作者はいまだに論争の的となっています。2人とも、神経の緊張をほぐすおもちゃを作っていました。

スピナーの人気は高く、世界中の多くの企業が、社員のデスクトップにこのようなおもちゃを置いておくことを義務付けていました。フィジェットスピナーゲームの普及には、RedditやYouTubeが大きな役割を果たしており、ユーザーがスピナーを使ったトリックのマスタークラスの動画を大量にアップロードするようになりました。

フィジェットスピナーゲームをプレイしている間、スピナーの回し方を学び、また、スピナーを通じてボーナスコインを獲得する機会を得ることができます。このようなゲームでプレイヤーのタスクは、できるだけ多くのブレードを回転させることです。これを行うには、プレーヤーは、コンピューターのマウスを使用します。

フィジェットスピナーゲームでは、プレイのレベルと獲得したコインの数によって、プレイヤーは自分のスピナーを改良したり、新しい機能を追加したりする機会を得ることができます。ゲームの難易度はレベルが上がるごとに高くなり、プレイヤーは自分のスキルに磨きをかける必要があります。