オンラインゲームの一種で、同じ端末で誰かと一緒にプレイすることができます。

マルチプレイヤーゲームとの違いは、2人で同じデバイスを共有することであり、そのために2つのグループのキーが有効になるので、お互いに干渉することなくプレイすることができます。

2人用ゲームの歴史

これはオンラインゲームの中でも最も古いタイプのゲームで、他のタイプのゲームよりもずっと昔に登場しました。
コンピュータのオンライン2人用ゲームの祖先は、インターネットが発明される前から現実にプレイできた既存のペアゲームと考えられます。このようなゲームは5,000年前に初めて登場し、「バックギャモン」と呼ばれていました。

西暦5世紀には、「囲碁」という2人用の有名なリアルゲームが登場しています。これも2人で遊べるボードゲームでした。

同じようなゲームとして、1000年前に登場したチェスがあります。
また、かなり新しい現代のゲームとしては、エアホッケーなどの2人で遊ぶゲームが挙げられます。

一緒に遊べるコンピュータゲームでは、最初にチェッカーが登場し、すぐに人気を博しました。このゲームと最初のコンソールゲームが登場した後、オンラインゲーム業界が急速に発展し始め、今では名作と呼ばれる2人用ゲームが登場し始めました。そのゲームの開発者は、信じられないような機会を開いた。例えば、「Rooftop Snipers」や「Flip the Table」、「Bomber Man」などがそうです。

2人用ゲームとは?

これらのゲームは、さまざまなタイプに分けることができます。

-
- 同一デバイス上のゲーム、または互いに接続された2つのデバイス上のリモートゲーム、
- プレイヤーが同時にまたは連続してプレイできるゲーム、 - 各プレイヤーがそれぞれの画面を持つか、または画面が2つに分割され、互いに独立しているゲーム。

女の子なら、買い物やパーティーをするゲーム、美容院での楽しい冒険やクエスト、料理の対戦ゲーム、男の子なら、戦いやバトル、スパーリングの戦い、探偵の調査などのゲームです。

そして、絶対に誰もが、さまざまな乗り物でのレース、冒険、旅行などのゲームを好むでしょう。

2人用ゲームの利点

対戦相手やチームメイトが隣にいて、ゲーム中の運や失敗に対する相手の反応を見たり、相手の動きに反応したりできるので、戦いが混沌としているため、ゲームの過程がよりエキサイティングで面白くなります。

このようなゲームを兄弟姉妹や友人と一緒にプレイすることは、忘れられない経験となるでしょう。お互いに対戦することも、チームを組んで人工知能と対戦することもできます。どちらの方法でプレイするにしても、お互いをよりよく知り、お互いの長所と短所を知り、助け合う方法を学ぶ機会となります。このようなアクティブで面白い時間を一緒に過ごした後は、お互いの友情と尊敬の念がさらに強くなるでしょう。困難で危険な状況で協力し、複雑なタスクを一緒に解決することは、美しく調和のとれたゲーマーのデュオを作るチャンスとなるでしょう。この2人用ゲームの共同通過の結果、最高のゲーマーのチームができました。